7月初旬。今年もまた北海道にやって参りました。寝坊して飛行機に乗り遅れたり(笑)、持参したナイフや固形燃料を空港で没収されたりと踏んだり蹴ったりでしたが、なんとか到着。
今年は十勝地方へ。ワイルドなニジマス狙いです。
昨年もお世話になったガイドのK師匠も合流です。


さっそくフライをキャスティング。一投目が一番釣れるんですよね。


・・・って、!!ホントにきたーーーーーー!!!
ビビビ、ではなくゴーン!というヒットです。



もう今回はネタバレします。この川は、音更川(おとふけがわ)。凄く魚影が濃い川の上流に来ています。


午後から入ったのに、ガンガン釣れます。北海道のレインボー(ニジマス)は引きが凄い。このサイズで最高に楽しい釣りができます。


上流側からダウンクロスでフライを飛ばします。魚が居そうなポイントでは必ず釣れました。


このサイズでジャンプします。ロッドも半月状に曲がってしまいます。


使用したフライは今回もウェット。なんか自分に合ってるみたい。ちょうど川岸近辺。木が倒れているあたりに流れていくように、ロールキャストとメンディングでコントロールしながら・・・

 
そのあたりでラインが伸びきって、ウェットフライがひらひらと水面直下を舞い始めた瞬間!

ガッツン!と来ました。

あ〜〜〜フライフィッシング最高〜〜〜(笑)

・・・一日目、終了。


やっぱり、サッポロクラシックでしょう。


翌朝。少し河川を変えてみました。


すぐ目の前に、キタキツネが現れました。北海道だなぁ。

今日も大自然に抱かれながら、フライロッドを振ります。


ガイドに同行してくれてる、クマ犬のマリー。
一年ぶり。めちゃ優秀なボーダーコリーです。


はい釣れました〜!レインボーは川を走る走るw


まさに虹の魚。とてもキレイです。ただし水中では魚雷のよう。



けっこう上流までてくてくと釣りながら歩いて行きます。ざざ〜・・・という渓流の清涼感に癒されます。


こういう急流には、必ずいます。激流で丸くなった石の後ろにキャスティング。やっぱり居ました。落ちてくる虫を待っていたのです。

そのとき、でした。


マリーが急に、全身の毛を逆立て、唸り出しました。

K師匠『クマです。あそこ。』対岸の藪を竿で指しました。

・・・・
うそ・・・


やぶの中に黒いかたまり。

初めてのことですが、空気感が違いました。腕も足も全然動けません。写真が撮れない・・。

マリーが果敢にも対岸に向かっていきます。
K師匠『ゆっくり、背を向けないで下がって。』

曰く、ヒグマは犬が大嫌い。かなりの臆病ゆえ、一線を越えると襲ってくるようです。
2時間ぐらいはあそこでじっと去るのを待っているそうです。



川から出て、大草原でフリスビー。これがご褒美なんだね〜。


懲りずに(汗)、まだまだ行きます!ニュージーランドみたいな風景です。・・・行ったコトないけど。


マリーも涼しそう。


奥の流れがゆったりしてます。こういうところには大きいのが必ずいます。


ほら(笑)。フライをくわえて大暴れ。なんとか上げました。

 
流れにある流木の下。こういうフライを投げにくい場所もポイント。ウェットで上流から流す必殺技、炸裂。
2本立て続けに釣れました。さすが北海道、いいサイズばかりです。


十勝らしい、どこまでもまっすぐな道。


音更川に戻ってきました。これから数時間後、夕まづめ、イブニング時の釣り一本に掛ける作戦にしました。


ふと見渡すと、広大な風景。なんだかやっと北海道に来たんだなぁという実感が沸きました(遅いよw)


夕方まで。近くの温泉施設で休憩。


風呂上り、テレビでプロ野球のデーゲームなんて見ながらまったり〜


やっぱり、サッポロクラシックでしょう。

釣りをする気、ゼロ。ビール飲んで、最高な昼寝タイムです・・