9月。今年で渓流釣りは禁漁となります。おそらく今シーズン最後となる釣り、目的地は岩手県胆沢町の、とある山深く・・・
岩魚の楽園と呼ばれる地です。某ダム上流、道なき道をガタガタ登って行きます。

入渓ポイントに到着。

未明の午前2時に福島を出発、ただいま朝の7時。ちょうど良い頃合い。逸る気持ちをなんとか抑えつつ、降りる場所を探します。
今回はH名人と釣行。
フライフィッシングをいつも教わってます。それでは参りましょう。
いざ、楽園へ。

 
名人、いきなり一投目から釣りました。う〜ん、絶句。
これぞ、天然イワナ。腹部が鮮やかなオレンジ色が特徴のヤマトイワナです。とてもキレイな魚です。

こっちのフライにも来ました!

小振りですが、かなりウレシイ。オレンジがかった斑点が美しい東北の岩魚です。

ところが一転、まったくアタリがなくなってしまいました。

魚影が走り、ちょうど良いポイントにフライを流しますが、くわえてくれません・・・

釣れないまま、ピュ〜ンとフライが流れ込みに着水。

その瞬間、来た〜〜っ!!

やりました、尺イワナ!!。ロッドを持つ右手に電流が走りました。

さらに釣り上がり、流れがゆったりした場所の先にフライを振ったら・・・

まだいいサイズのイワナがフライをくわえてくれました。27cm。もう満足。帰ってもいい(笑)。

上流に行くにつれて、魚影も濃くなってきました。


名人は自分以上に順調です。もう何匹釣っているのでしょう?

さすがです。魚が出るポイントを熟知してます。いいカタチですね。

滝をなんとか渡ります。道なんてありません。


道なき道、でも名人はフライロッドを振りながら進みます(笑)。キホンです。

で、釣れてしまうという(笑)。

どんどん源流へ。なにやらあやしい建造物発見。

なんだぁこりゃ〜!?古代遺跡のようなモノ。こんな上流に、なぜ?・・・川口探検隊になってきた(笑)。

瀬、カタ、反転流・・・。ポイントだらけです。そっと近づきつつ、フライをキャスト。

バシャッと飛びつきました。フライは夏の定番、パラシュートアント♯14。

名人は手際良く次々と上げていきます。

上級者は、あくまでも尺狙いらしい。

釣った魚は全てリリース。キャンプ釣りなら2,3匹は持って帰るけど。
さよなら、美しき楽園の住人たち。